ピックアップ シングルコイルとハムバッキング

 

 

こんにちは、東京府中にあるハヤタギタースクールです。

 

みなさん、ギターを買う時に何を基準にしてますか?

 

見た目や弾き心地、色や形等、たくさんあると思いますが、

 

その中でも音は大変重要です。

 

エレキギターの場合、音はピックアップで大きく異なります。

 

 

ギターのピックアップは大きく分けると2種類あります。

 

シングルコイルのピックアップと、


ハムバッキング(ダブルコイル)のピックアップです。

 

初心者はもちろん、

 

ある程度ギターが弾ける人でもその違いをわかっていないケースも見受けられるので、

 

今回はピックアップについて私なりに書いてみます。

 

 

スポンサーリンク

ピックアップとは

 

 

そもそもピックアップとは何なのでしょうか?

 

細かい技術的な話は専門書に譲るとして、

 

ここではピックアップについて簡単に説明します。

 

アコギやフォークギターはアンプにつながなくてもある程度音量が出ます。

 

それは何故かというと、

 

サウンドホールと呼ばれる大きな穴があいてるからです。

 

このサウンドホールが音を外に向かって出してくれるので、

 

アコギの場合ギター1本あれば、他の人に聞こえる音量で演奏できます。

 

 

しかし、エレキギターの場合はこのサウンドホールがありません。

 

アンプにつながないとすごく小さな音しか出ません・・・。

 

外で弾いたら隣にいる人にもはっきりとは聞こえない位小さな音です。

 

 

そこで何とか音量を稼ぐために出来たのが、

 

弦の振動を電気に変換して鳴らすことができるピックアップです。

 

ピックアップはマイクのようなものです。

 

ギターとアンプをシールドでつなげば、

 

あとはつまみを回すだけで音を簡単に大きく出来ます。

 

 

 

ピックアップの種類はシングルコイルとハムバッキング

シングルコイル

 

 

まずはシングルコイルの説明から。

 

構造的な話は専門書にお任せして、


ギタリストが実際に使う時にどのような感じになるのかを、


私個人の意見ですが書かせてもらいます。

 


シングルコイルのギターは音がストレートで、


弾き手の細かなニュアンスなんかもダイレクトに出音されます。

 

コードストロークやアルペジオなどのクリーントーンや、


クランチ系のサウンドではシングルコイルにしか出せない歯切れよいサウンドが出ます。

 

 

シングルコイルの少し気になる点をあげると、


ノイズに弱いということです。

 

ノイズといってもピッキングミス等の技術が未熟だから出るノイズではなく、


音を歪ませると出る金属的なノイズ(ハウリング)や、


ステージの照明によるノイズ(ジージーって感じの音)が出やすいのです。

 

なので音を深く歪ませるハードロック系ギタリストには、


シングルコイルのピックアップではノイズが出やすく不満が出るかもしれません・・・。

 

 

ハムバッキング(ハムバッカー)

 

つづいてハムバッキング(ハムバッカー)について。

 

 

ハムバッキングのピックアップは、

 

シングルコイルのピックアップの弱点であるノイズの対策を構造上施したことで、

 

深い歪みの音、いわゆるディストーションサウンドが気持ちよく出ます。

 

 

世の多くのティーンエージャーはロック系バンドに影響されたり、

 

今ならかっこいいアニソンだったりを聞いて、

 

ギターを弾いてみたいと思い、ギターを買うと思うのです。

 

(うちのスクールのティーンエージャーに限れば100%です。)

 

最初からジャズやフュージョンをやりたくて、

 

ギターを弾き始める人っておそらく5%いない位しかいないと思うのです。


(私の感覚では。)

 

ロック系バンドのコピーをいずれやりたいと思っているのなら、

 

ハムバッキングのピックアップがついたギターをおすすめします。

 

 

音が深く歪まないとロック系の曲はかっこわるくなってしまいますし、

 

ぺけぺけの音だとやる気が出なくなる恐れもあります。

 

あの布袋寅泰さんも、

 

最初はぺけぺけの音しか出なくてがっかりしたみたいです。

 

 

 

スポンサーリンク

ピックアップの失敗談

 

 

ちょっとここで、私のギター初心者の時の話を。

 

初めて買ったギターは、


フェルナンデスのハムバッキングのピックアップが搭載されたギターでした。

 

当時はピックアップに違いがあるなんて知らなかったので、


もっと高いギターを買えばもっと歪むものとばかり思っていました。

 


そして月日は経ちライブにも出るようになり、


新しいギターを買うことにしました。

 

次に買ったのはフェンダーのシングルコイルのピックアップを搭載したギターでした。

 

初めて家で弾いた時、

 

あれ?

 

と思いました。

 

音があまり歪まない・・・。



アメリカから知り合いを通して買ったギターなので、


試奏もしてなかったのです(^-^;

 

ハードロック少年だった私はがっかりしてしまいました。

 

もっと歪むギターが欲しかったのに、


シングルコイルのギターを買ってしまったのですから。

 

しかも高校生だった私には10万円以上の高級なギターでしたから、


お金はなくなったし、歪まないし、という(笑)

 

これからギターを買う人はよく調べてから買ってくださいね。

 

 

最後に

 

 

かなりハムバッキング推しの記事になってしまいましたが、


まだ知識のないロック系の人にはハムバッキングをすすめています。

 

もちろん、シングルコイルのあのジャキジャキする感じも今は大好きです。

 

理想は両方買うのがいいのですが、


決して安い買い物ではないですからね・・・。

 

ピックアップの違いなんて最初からわかっている人の方が少ないと思ったので、


おせっかいながら私の意見を記事に書いてみました。

 

少しでも参考になれば幸いです。