ギターの弦高調整のやり方

 

 

府中のギター教室ハヤタギタースクールです。

 

今回はギターの調整の中であまり重要視されていないのではないかと感じている、


弦高にスポットを当てて書いてみます。

 


たしかに、ネック調整やオクターブ調整ほど重要度は高くないかもしれません。

 

ネックが反れていたり、オクターブ調整がずれていたりすると大変弾きづらい、


というよりまともに弾けないですからね・・・。

 

楽器としての根幹を揺るがしかねないネック調整、オクターブ調整は出来ている前提として、


もっとギターを弾きやすくするためにまず目を向けてもらいたいのが、


弦高調整です。

 

 

弦高調整とは?

 

 

まず弦高について。

 

弦高とは、指板と弦との間のすき間のことです。

 

このすき間が開き過ぎてる状態を、弦高が高いといいます。

 

弦高が高いと弦を押さえるのに力が要るので押さえづらいですし、


スムーズなフィンガイングが出来ません。

 

 

反対にすき間が狭い状態を、弦高が低いといいます。

 

弦高が低いとばずりという症状が出ます。

 

どんな症状かというと、


弦がフレットに常にぶかっているためちゃんとした音が鳴らない症状です。

 

 

高過ぎず、低すぎずのちょうどよい高さが理想です。

 

弦高をギター本来のパフォーマンスができるように、

 

調整してあげることを弦高調整といいます。

 

 

スポンサーリンク

どの位の高さにするのがいいの?

 

 

これには答えはありません。

 

人それぞれ弾きやすい高さがあると思うので、


何度も高さを変えてベストな高さを見つけてください。

 

 

参考までに私のセッティングを記しておきます。

 

1弦12fで計測したら1.3mmくらいでした。

 

おそらく一般的なセッティングより低いです。

 

テクニカル系のギタリストは弦高が低い方が好まれます。

 

軽いタッチで速く弾けるので楽なんです。

 

 

アコギの場合は2.5mm以上は欲しいですね。

 

高い方が鳴りがいいというか、しっかり箱(ボディ)で鳴ってくれる気がします。


 

調整のやり方

エレキギターの弦高調整

 

 

エレキは比較的簡単に調整できます。

 

ブリッジのあたりに六角レンチを差し込める穴があいているので、


そこを右回しでしめていくと低くなります。

 

左回しで高くなります。

 

ギターによって、6本弦全体の高さを調整するタイプと、


弦1本ずつ調整できるタイプがあります。

 

弦1本ずつ調整できるタイプの場合はかなり細かく調整ができます。

 

その代わり手間暇かかりますが・・・。

 

 

アコースティックギターの弦高調整

 

 

アコギの場合は、

 

ブリッジのところにあるサドルを外してやすり等で削ります。

 

削ってしまうので当然失敗ができない緊張感があります。

 

そんなに高価なものではないので、


何度か失敗しても仕方ないという心構えが大事なのではないでしょうか(笑)

 

サドルの下の部分を削るのですが、

 

平行に削らないと音色に悪影響を及ぼすので、


マジック等で線を引いて丁寧に削りましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

弦高の調整はこだわると本当に奥が深いです。

 

自分でやるのに自信がない人は、

 

楽器屋さんで調整してもらうのもありだと思います。

 

 

そして、弦高調整の重要さがいまいちよくわからない人におすすめなのが、

 

良いギターを弾かせてもらうことです。

 


楽器屋さんで試奏するのも手です。

 


良いギターはやっぱり弾きやすいのです。

 

その際弦高をチェックしてみてください。

 

おそらく弾きやすいと感じたそのギターは、

 

弦高の調整がうまく出来ているからだと思います。

 

(単純に弦のゲージが細かったりしても弾きやすく感じてしまいますが・・・。)

 

まずは自分が弾きやすいと感じたギターの弦高をマネしてみてください。

 

案外弦高の調整をするだけで見違えるほど弾きやすくなって、

 

新しいギターが欲しいと思わなくなるかもしれません。