イオニアンスケール

 

 

府中市のギタースクール、

 

ハヤタギタースクールです。

 

今回はイオニアンスケール(アイオニアンスケール)について書きます

 

 

イオニアンスケールとは



イオニアンスケールはメジャースケールの1番目から並べ直したスケールで、


Cイオニアンスケールの場合、構成音は



ド レ ミ ファ ソ ラ シ


になります。



キー=Cの曲で、


コードC△7(Ⅰ△7)が出てきたら、


Cイオニアンスケールがコードスケールとなります。


コードC△7が鳴っている時にファ(4th)の音を長く伸ばすと、


Csus4コードに聞こえてしまう可能性があるので注意が必要です。




スポンサーリンク



ただ実際には、

 

イオニアンスケールとメジャースケールを分けて考えるような事はまれです。

 

ですのでイオニアンスケールを単独で学ぶことに、

 

あまり意義はないと思うのが正直な私の感想です。

 

 

指板上で音を確認してみましょう



下に図を掲載しましたので、


実際に弾いてみてください。



Cイオニアンスケール ダイアグラム
Cイオニアンスケール ダイアグラム

※クリックすると拡大します。

 

 

メジャースケールの記事で紹介したものと全く同じです。

 

使い方なども同じです・・・。(手抜いてるわけではないんです)

 

 

イオニアンスケールまとめ



・メジャースケールと同一視して問題ない。


ただし、成り立ちとしてはイオニアンスケールがあってのメジャースケールだと思われる。


普段、私自身イオニアンスケールの使い方を考える事がないので、


この記事を書くのは困りました。


ジャズの世界のギタリストならともかく、


ロックやポップスのギタリストならイオニアンスケールをメジャースケールと区別して、


深く追求する価値はあまりないと思います。