ギターを弾くモチベーションを上げる方法

 

 

東京府中のハヤタギター教室です。

 


こないだ生徒さんからこんな質問をいただきました。

 

「どうしてもギターを弾く気分になれない時ってどうすればいいですか?」

 


一生懸命にやっている人でもこういう時は訪れます。

 

今回は私なりの対処の仕方をいくつかご紹介しますので参考にして頂けると幸いです。

 

 

しばらくギターから離れてみる

黄色いストラトキャスター
離れることも時には大事

 

 

弾きたくない時でも無理矢理練習していた時期もありましたが、

 

そうするとスランプの期間が長期化する恐れがあります。

 

 

そこで私がおすすめしたいのは何日かギターを弾かずに過ごしてみるということです。

 

すごく良い気分転換になりますし、


再開した時にギターって楽しいな、


と感じやすくなっていると思います。



ただし!


初心者の場合は弾かなくなるとそのまま挫折してしまう可能性もあるので、


初心者は弾く習慣が出来るまではなるべく休まずに弾く事をおすすめします。



スポンサーリンク

好きなアーティストの音楽を聴いてやる気を高める

音楽聞きながらコーヒを飲む人
気分転換するとやる気になることも



目標にしている人や好きなアーティストがCDを出しているような人の場合、


その音楽をリラックスしながら聴いてみてください。


かっこいいなとか、


こういう風になりたいとか、


自分の感情を素直にくみ取りましょう。



感動したり心震わせるような体験は、


またあなたをギターへ向かわせるでしょうし、


一段と成長させてくれます。



アドバイスを求める

 

 

身近に尊敬出来るギタリストがいるならばアドバイスを求めてみましょう。

 

意外な所から解決策が見つかるかもしれません。

 

 

私は昔、某有名ギター講師にメールで相談した事がありました。

 

そしたらちゃんと返信が来たのでビックリしました。

 

元々その方の事が好きでしたが、より好きになりましたね。

 

ありがとう、○脇さん!

 

 

ギターの練習を効率化して他のことをする時間を持つ

 

 

テクニカル系ギタリストに多いのですが空いた時間のほぼ全てをギターに使うタイプ。

 

このタイプこそスランプになると、


なかなか抜け出せなくなります・・・。

 

 

友達と遊ぶことも時にはすごく大事になります。

 

毎日遊んでばかりじゃちょっと困ってしまいますが、

 

家にこもってギターの練習ばかりというのも人生という大きな枠で考えると、

 

とてももったいないと思います。

 

 

練習の効率を高めればギター以外に使える時間も持てます。

 

練習の効率を高めることでギターもうまくなり、

 

空いた時間で気分転換も出来るので一石二鳥です。

 

 

ちなみに外人に多いのですが、


プロのバスケットボール選手でありながらプロのミュージシャンであったり、

 

学者でありながらプロの役者であったりする人たち。

 

彼らがもともと2つの才能も持っていたと考える事ももちろん出来ますが、

 

普通に考えればやはり効率良く技術やノウハウを習得したのではないでしょうか?

 

効率化は私の中でも最重要な課題です。

 

1日24時間しかない中でいかにやりたい事をマスターするか。

 

私のギターの練習に対する効率化のノウハウは、

 

このレッスンコラムにたくさん書いてきましたので是非参考にしてみてください。

 

 

やる気を上げるまとめ

 

 

楽器に限らず真面目に何かに取り組んでいると壁にぶつかりますが、

 

そこで腐らずに前を見て取り組めるかがこれから先大きな差となります。

 

 

人それぞれ対処の仕方は違うと思いますが、

 

ギターがうまくなりたいという気持ちだけは捨てないでください。

 

いつかその壁を乗り越えられる日が訪れますので。

 

 

お互い頑張りましょう(^-^)

 

 

本記事がギターを弾くやる気が落ち気味の、

 

あなたのモチベーションを上げる参考になれば幸いです。

 

あ、ギターに関する悩み、


メールくだされば 回答しますよ(^-^)