耳でチューニングできるようになろう

 

 

府中のギター教室ハヤタギタースクールです。

 

ギターを弾き始める前にチューニングをすると思いますが、

 

この当たり前にやるチューニングすら耳のトレーニングにしてしまいましょう。

 

第17回の今回は、耳チューニングのやり方です。

 

 

まず開放弦の音を覚えましょう。

 

6弦E ミ

 

5弦A ラ

 

4弦D レ

 

3弦G ソ

 

2弦B シ

 

1弦E ミ

 

となっています。

 

6弦からミラレソシミ⇒「見られそ、シミ」みたいな語呂で覚えると忘れないと思います(笑)

 

 

チューナーなしのチューニングのやり方

 

 

チューナーなしと言っても、


初心者の場合、


基準音の5弦Aの音だけはチューナーで合わせちゃってください。

 

本当は音叉があれば5弦Aも自分の耳でやってほしいですが、

 

耳チューニングに慣れてからの方がいいでしょう。


チューニングメーターや音叉がない場合は、


自分の感覚でAの音を合わせてから行います。


(知人宅などギターを借りて弾く場合、チューナーも音叉もない事があります…。) 


では、やり方の説明に入ります。

 

まずあらかじめ正確に合わせてある5弦開放のAと、

 

6弦5fを押さえた音が同じ音になるように6弦のペグを回します。

 

(※5弦のペグは回しちゃだめですよ。)

 

 

5弦開放と6弦5fはどちらもAの音なのです。

 

2つの音がずれているとうねりがあります。

 

言葉で表現するならば大きくずれているとうねりが細かくて、

 

少しずれているとうねりが大きいです。

 

 

最初はうねりとか言われてもピンとこないと思うので、

 

チューナーで正確にチューニングされたギターで、

 

6弦5fと5弦の開放を1本ずつ重ねて鳴らしてみてください。

 

同じ音が鳴っているのでうねりがない綺麗な状態です。

 

ここからわざと6弦のペグだけ低い方に回してみてください。

 

6弦5fと5弦開放を鳴らしながらです。

 

だんだん、

「フォワーンフォワーン」

 

ってな感じのうねりがはっきりしてくると思います。

 

これがずれてるいる時に生じるうねりです。

 

 

ギターを弾く写真
耳でチューニング



6弦5fと5弦開放が出来れば、あとは同じ要領で1弦まで出来ます。

 

どことどこをあわせるのか書いていきます。

 

5弦5f4弦の開放を先ほどと同じ感じで合わせます。

 

今度は4弦5f3弦開放を合わせます。

 

次は3弦4f2弦の開放を合わせます。

(※ここだけ4fになるので注意)

 

最後に2弦5f1弦開放を合わせて終了です。

 

 

スポンサーリンク

耳で正確にチューニング出来たか確認してみよう



まず適当なコードを鳴らしてみましょう。

 

綺麗なコードになっていますか?

 

最初は各弦が微妙に高くずれたり、


低くずれたりしているのでコードを鳴らすとがっかりされるかもしれません・・・(-_-;)

 

誰もが最初からはうまくいきませんのでどうか落胆しないでください。

 

そして大事なのはここからです。

 

どの弦がどの位ずれているかチューナーで確認してください。

 

この作業により自分のクセを知ることが出来るので、


次回以降の改善点が見えてきます。

 

あとはこれの繰り返しで1か月もすれば、


かなり正確な音が聞き分けられるギタリストになっているでしょう。



耳チューニングのメリット

 

 

友達の家や居酒屋に置いてあるギターを、


ちゃんとしたチューニングで弾けるようになります。

 

チューナーなしでチューニングしてるあなたは回り人達から尊敬の眼差しを受けるでしょう(笑)

 

 

あと大事なメリットとしてチョーキングの音程に敏感になります。

 

音程が悪いと気持ち悪いと感じるようになれば、

 

かなり耳が鍛えられていると思います。