マイナーペンタをラン奏法で

 

 

府中のギター教室ハヤタギタースクールです。

 

第41回はラン奏法です。

 

ロック・ブルースでよく使われるチョーキングを使用したパターンを、

 

勉強していこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

ラン奏法とは

 

 

ラン奏法とは、同じフレーズを繰り返して弾いて、

 

聞いてる人の印象に残りやすい奏法です。

 

ブルースでよく使われていたので、


ロックでも頻繁に使用されます。


特に60年代、70年代に活躍していたギタリストの多くは、


ラン奏法を使っていました。


慣れると簡単に速弾きが出来るから楽なんですよ(笑)


エリッククラプトン、キッスのエースフレーリー、


エアロスミスのジョーペリーなどみんな使っています。



さて、ラン奏法の譜面を用意しましたので、

 

ゆっくり弾いてみてください。

 

 

ラン奏法のタブ譜
ロックの王道ランフレーズ



解説の前に動画もご覧ください。



 

Eマイナーペンタトニックスケールを使った王道のフレーズとなっています。


ピッキングは↓↓↑↓↑

 

となっております。

 

終盤は譜面と違うフレーズも弾いています。

 

コピー出来そうな人はコピーしてみてください。

 

 

ラン奏法の解説

 

 

フレーズ自体はシンプルなのですが、2弦12f(フレット)と、


1弦12fを連続して人差し指で弾いたり(ジョイント)、

 

チョーキングもあるので、

 

最初から速く弾くのは難しいと思います。

 


チョーキングは音程を意識



まず、出だしのチョーキングですが、

 

1音チョーキングですので2f先の音までしっかり音程が上がっているか、

 

確認してください。

 

ロックやブルースの場合、このパターンのフレーズを弾く時、

 

半音チョーキングの時もありますので、

 

半音チョーキングバージョンも練習しておくとよりベターです。


 

ジョイントは先端と腹を使い分ける



2弦12fを人差し指の先端で押さえ、


ピッキングしたら、


1弦12fを人差し指の腹で押さえます。


その時に重要なのは2弦12fを押さえた時に、


1弦12fは押さえてはいないということです。


1弦12fを押さえているように見えますが、


実際には触れているだけです。



同じように1弦12fを腹で押さえる時は、


2弦12fは先端で触れている状態になります。



ここの音の分離を最初のうちは、


丁寧に意識して練習することをおすすめします。



ゆっくり丁寧に弾けないフレーズは、


速く弾いても出来ません。



ですが、速く弾いて出来てるつもりになっている人が見受けられるので、


注意してください。



チョーキングヴィブラートに挑戦してみよう



最後の2弦15fは1音チョーキングしたあとに、


ヴィブラートをかけています。


チョーキングヴィブラートはまた個別に記事を書く予定ですが、


簡単に説明しておきます。


1音チョーキングしたあと、細かく手全体を揺らすのですが、


チョーキングした音程より上ずらない方がいいです。


ヴィブラートした音がチョーキングした音より高くなると、


あまり気持ちよくないです。


まーなんというか・・・


音痴みたく聞こえてしまいます(-_-;)



まとめ

 

 

ランは速く弾いてこそかっこよくなるので、

 

最初から速く弾こうとしますが、

 

ゆっくり丁寧に弾けなければ、

 

速く弾いても荒い演奏になってしまいます。

 

 

チョーキングの音程やジョイントの分離を解説しましたが、

 

余裕のある人はノイズの対処にも注意して練習してください。

 

 

ランはアドリブを弾く際に威力を発揮しますので、

 

ぜひマスターしてみてください。