テクニック第1回~20回

ピックの持ち方2【親指の指紋の渦の中心あたりで持つ】

第11回は前回の続きです。

ピックの持ち方1【利き手でピックを持つのはなぜ?】

ピックを深く持つとは親指の指紋の渦の中心あたりで持つこと

ピックを深く持つとはどういう事かと言いますと、親指の先で持つのではなく指紋の渦の中心あたりで持つという事です。

わかりづらいと思うので、いくつか写真をアップします。

おすすめのピックの持ち方おすすめのピックの持ち方

 

ピックと親指が触れている面積が大きいのがわかると思います。

実はピックと親指が触れている面積が大きいと安定したピッキングにつながります。

おすすめのピックの持ち方2おすすめのピックの持ち方2

 

※当時右手親指が荒れていました。アコギも弾くので爪が長く余計に汚くなっています。すいません。

親指の先ではなく中心部で持っています。

おすすめしないピックの持ち方

ここからは、私がおすすめしないピックの持ち方になります。

間違っているピックの持ち方間違っているピックの持ち方

 

間違っているピックの持ち方2間違っているピックの持ち方2

 

上記2枚の写真は親指の先で持っています。

この持ち方だと手首のスナップを利かせたピッキングがやりづらいです。

あとピックを持つ指先でこねくり回してしまう不安定なピッキングに陥りやすいので注意しましょう。

ピックの持ち方は演奏にかなり影響を与えます。

音の良しあしは右手次第と言っても過言ではないと思います。

正確に速く弾くフレーズなんかは数ミリ単位で微調整しながら最適な持ち方を探ってみてください。

 

ハヤタギタースクールでは無料体験レッスンを受け付けています。

お問い合わせ

 

お気軽にどうぞ(^-^)