ギターの練習はバランスが大事

 

 

こんにちは、東京府中のギター教室ハヤタギタースクールです。

 

ギターを弾く人なら弾きたいギターソロってあると思います。

 

けどそんなに簡単には弾けないですよね。

 

 

そんな時にひたすらその弾きたいギターソロを、

 

何度も何度も弾きこむ練習をすると思います。

 

 

これはこれで正しい練習なのですが、

 

1日の練習メニューを考えた時に、

 

同じフレーズばかりを練習するのは効率が悪いです。


第36回はギターの練習のバランスについてです。

 

 

複数のトレーニングをバランスよく

右手アップ
練習時間の配分は大事

 

 

例えばですが、弾きたいギターソロのフレーズを、

 

1日に100回弾いたとします。

 

すごい練習量ですね。

 

ですが、どんだけ弾いても次の日に成長する分なんてのは、

 

たかが知れています。厳しいようですが・・・。

 

 

そうであるなら1つの事をやり続ける練習よりも、

 

複数の事をバランスよく練習する方が効率が良いです。

 

 

2時間1つの事を弾き続けた経験値が10だとするならば、

 

同じ2時間を30分づつ区切り、

 

4つの事を練習した経験値は20です。(これ本当!)

 

 

 

10とか20とかいう数値は私の感覚によるものですが、

 

1つの事ばかり練習するより、

 

いろんな事を練習する方がトータルとしてギタリストとして成長します。

 

 

なのでうちのギター教室では、

 

最初から複数の事を同時に進めていきます。

 

レッスン時間が1時間あるからこそ出来るやり方です。

 

30分のレッスンではちょっと厳しいです。


 

スポンサーリンク



当ブログでも紹介したクロマチックエクササイズや、


コードを押さえる練習、ストロークの練習、


スケールの練習などを、


バランス良く2つ、もしくは3つの事を1回のレッスンで教えています。





当然、生徒一人ひとりの上達具合や、


得意不得意など見極めて調整をすることはありますが、


バランスよくレッスンをするようにしています。



課題を中心にメニューを組む



ある程度上達してくると、


やりたい事や出来ない事、


時間をかけるべきところが見えてくると思います。


そのレベルになった方は、


その時間を自分の課題に時間をたっぷり使っても大丈夫です。



1時間練習出来るのなら、


40分~45分位は自分の課題に集中して、


残りの時間は基礎練とか、


練習した分野とは異なる分野の練習をしましょう。



うまくなってからもバランス感覚は大事です。



余談ですが、ギターを習うメリットとしては、


課題を見つけやすくなることがあげられます。


課題が明確になる分、


家での練習も効率的になります。



まとめ



初心者は1つに集中するよりバランスが大事。


クロマチックの運指練習やコード弾きなど偏りがないように練習しよう。



中級者以降もバランスが大事なのは一緒。


自分の課題がはっきりわかっているなら、


課題に比重を置いても良い。



こんな感じでまとめてみました。


当ブログに訪れて頂いたみなさんの参考になれば幸いです(^-^)



このエントリーをはてなブックマークに追加