ハーモニックマイナースケールが使えるコード進行は?マイナースケールとの違い

 

 

府中市のギタースクール、ハヤタギタースクールです。

 

今回は様式美メタルや、ネオクラシカルと呼ばれるジャンルで多用される、

 

かっこいい響きのスケールであるハーモニックマイナースケールについてです。

 

ゆっくり弾いてもなかなかかっこいいですが、

 

高速で弾くとよりかっこよくなります。

 

 



代表的なギタリストはやはりイングヴェイマルムスティーンでしょうか。

 

では、解説していきます。(^-^)

 

 

スポンサーリンク

ハーモニックマイナースケールの構成音

 

 

ハーモニックマイナースケールのスケールノートは、

 

1 2 ♭3 4 5 ♭6  1

 

となります。

 

キー=Amの場合は、

 

ラ シ ド レ ミ ファ ソ# ラ

 

となります。

 

 

ここでナチュラルマイナースケール(マイナースケール)と比較してみましょう。

 

ナチュラルマイナースケールのスケールノートは、

 

1 2 ♭3 4 5 ♭6 ♭7 1

 

キー=Amの場合は、

 

ラ シ ド レ ミ ファ ソ ラ

 

となります。(参照記事:マイナースケール

 

 

スケールノートの赤字の部分に注目してください。

 

ハーモニックマイナースケールはナチュラルマイナースケールの第7音を半音上げた音階と言えます。(♭7→7)

 

半音上げたことにより、

 

第6音と第7音のインターバル(音の間隔)が1音半になり、

 

スケールとしては少しスムーズさに欠けると言えます。

 

1音半はギターの指板上だと3f(フレット)分です。

 

 

なぜ第7音を半音上げたのか

 

 

スケールとしてはスムーズさに欠ける措置であるのに、

 

どうして第7音を半音上げたのでしょうか?

 

その理由はリーディングトーン(導音)という視点から答える事ができます。

 

音楽は主音に導く音は半音下がいいと言われています。

 

例えばメジャースケールは主音の1つ下の音は、

 

△7th音(7)なので半音間隔です。

 

(参照記事:1オクターブ間の音を数字で置き換えてみよう

 

キー=Cの場合、

 

主音、導音

 

となります。

 

ド レ ミ ファ ソ ラ  


第7音と第1音(第8音のこと)は半音階で、理想的な音階です。

 

 

ところが、ナチュラルマイナースケールは主音の1つ下の音は、

 

m7th音(♭7)なので全音間隔なのです。

 

音楽理論的にはあまり好ましいとは言えません。

 

 

そこでナチュラルマイナースケールにリーディングトーンを作りたいがために、

 

ナチュラルマイナースケールの第7音のm7thを△7thに変えたのが、

 

ハーモニックマイナースケールなのです。

 

 

この作業により無理矢理リーディングトーンを作ったために、

 

第6音と第7音が1音半も開いてしまったのです。

 

 

ハーモニックマイナースケールのポジション



代表的なポジションのダイアグラムを載せておきます。

 

マイナースケールと比較して覚えましょう。

 

 

Aハーモニックマイナースケール ダイアグラム
Aハーモニックマイナースケール ダイアグラム

※クリックすると拡大します。




まとめ



前にも書きましたがメジャースケールやマイナースケールが、


本当の意味で理解出来ていれば、


他のスケールの理解は早いですし、覚えやすいです。



今回やったハーモニックマイナースケールは、


(ナチュラル)マイナースケールと1音しか違いがありません。



テクニックも音楽理論もスケールも、


基本の土台の部分が大事だなと感じてもらえると思います。



ナチュラルマイナースケール、ハーモニックマイナースケールの解説が済んだので、


次はメロディックマイナースケールです。


この記事の「なぜ第7音を半音上げたのか」の部分の続きが、


メロディックマイナースケールにつながっていきますので、


お楽しみに!