ハンマリングのやり方

 


実はエレキギターの場合、

 

ハンマリングもプリングもやり方が間違っていても音が出ます。

 

(だから間違いに気づかず、やっかいなのです・・・)

 

要は叩けば音は出てしまうのです。

 

しかし、間違ったやり方でハンマリングやプリングをしていると、

 

ノイズだらけのかっこわるい音になってしまいます。

 

 

そこで第8回は、簡単に出来るハンマリングのコツを書いてみます。

 

プリングは次回書きます。

 

 

スポンサーリンク

ハンマリングはミュートが大事


 

ハンマリングとは弦を叩いて音を出すテクニックで、

 

感情を込めて弾く際に欠かせないテクニックです。

 

3弦5f(f=フレット)に人差し指を押さえて、

 

3弦7f薬指でハンマリングをするフレーズで解説していきます。

 

 

薬指を叩き付けて3弦7fの音を出すので、

 

人差し指の先端で4弦をミュートしなければなりません。

 

このミュートなしにハンマリングをするとノイズだらけになってしまいます。

 

叩いて音を出すというハンマリングの性質上、

 

隣接弦のミュートが特に大事になるのはわかっていただけると思います。


 

音をしっかり出すには素早く叩く



叩き付けるなんて書くと、力いっぱい叩くかと思うかもしれませんが、


実際は力はいれてません。

 


では、どうやって叩くのか?

 

指を叩きつけるスピードで音を出しています。

 

速弾き系の人は力んだら終わりです。


力んでいるうちは残念ながら速く弾けません(:_;)



そして力みを取るというのは時間がかかります。


毎日力まない事を意識しながら練習してください。



まとめ

 

 

まとめると、

 

1、人差し指で隣接弦のノイズの対処

 

2、力まずに叩くスピードで音をクリアに出す

 

 

他にも注意すべきポイントはありますが、


まずはこの2つに的を絞って練習してみてください。

 

的を絞って集中してその事をだけを行う練習が、

 

効率的でおすすめです(^-^)