速弾きのコツ

 


府中のギター教室ハヤタギタースクールです。

 

エレキを弾く人にとって、

 

速弾きが出来るようになりたいと思う人は多いと思います。

 

第34回は速弾きが出来るようになりたい人のために、

 

その練習のやり方や意識を書いていきます。

 

生徒を中心にたくさんの方から質問を頂く内容なので、

 

改めて詳しく解説していきます。

 

実践していただければ必ず効果が出る内容になっておりますので、

 

ぜひ試してみてください。

 

 

速弾きのための準備運動



私は速弾きはある種のスポーツに近いものだと思います。


音楽なので最終的にはスポーツ的な考えは捨ててもらいたいのですが、


速弾きを習得する段階では、


スポーツと捉えられた方がいいと思います。



スポーツをするのにいきなり全力で走り出す人がいないように、


ギターの速弾きも最初から全力で速く弾かない方がいいと思います。



最初から全力で速く弾くとケガしやすくなる事と、


調子があがりづらくなる事があげられます。



では、具体的にどんな練習をすればいいかを書いていきます。


スポンサーリンク

指を大きく動かす

 

 

速弾きがまだあまり速く弾けない人に見受けられる症状として、

 

指の関節の可動域が狭い事があげられます。

 

 

ギタリストにとって指の可動域が狭いとは、

 

言い方を変えれば自由に動くことができない、

 

指が独立していないということになります。

 

 

この状態で練習しても、

 

効果がないとまでは言えませんが、

 

あまり効率的ではないと言えます。

 

 

指の可動域を広げるには、

 

クロマチックの運指練習や、

 

スケール練習を、

 

ゆっくりなスピードで、

 

出来る限り大きな動作で行ってください。

 

 

特に動かしづらいと感じる運指やフレーズは、

 

この練習を丹念に繰り返してみてください。

 

 

 

なお、動きを大きくするのは、

 

あくまで可動域を広くするための練習なので、

 

実際に速く弾く時は、

 

無駄な動きを省いたコンパクトな運指にしてください。

 

 

ピッキングは手首をしっかり使って大きく

 

 

ピッキングもフィンガリングと同じく、

 

ゆっくりとしたスピードで大きく振る練習を、

 

長時間行ってみてください。

 

 

ずっとやっていると疲れてくるので、

 

そうしたら1分くらい休憩して、

 

また大きく手首の振りを意識しながら、

 

疲れるまでやります。

 

 

大きく振るのになれたら、

 

徐々にスピードを上げていってください。

 

 

こうして何回も繰り返していると、

 

ものすごくピッキングが軽く感じる瞬間が訪れると思います。

 

 

そうなると自分の手ではない位、

 

速くピッキング出来るようになっています。

 

 

効果絶大ですので、お試しください。

 

 

速弾き筋はアコギで鍛える



もしアコギ、フォークギターを持っているなら、


エレキで弾くような速弾きフレーズを、


アコギで弾く事をおすすめします。



アコギで長時間練習したあとに、


エレキを弾いた時の軽さといったら、


水を得た魚のような感じです(^-^)


どこまでも速く弾けるような感覚になります。



フィンガリングもピッキングも、


弦のタッチの軽さがキーワードになります。




まとめ


速弾きをしている時の感覚を言葉にすると、


タッチが軽い


だと思います。



この軽い感覚を身につける事ができれば速弾きは出来ます。



そしてこの軽さを感じてもらうには、


上記で説明してきた練習法が適しています。


究極的には、アコギでフィンガリングの動作を大きくする練習と、


ピッキングの振りを大きくする練習をすると良いと思います。



私もかなりたくさんの時間をアコギで練習していました。


そのおかげで速く弾く事が得意になりました。


このレッスンコラムで私が持っているノウハウは、


出し惜しみなく公開していきます。


コラムを読んで信用できそうだと感じていただけたなら、


あとは実行に移してください。



速弾きはマスターするのに時間がかかります。


なるべく早く練習法を確立して、


長時間取り組むことが必要になります。


ぜひマスターしてください。